紀要論文 情報科で育成すべき問題解決力と思考・判断・表現方法の指導

松田 稔樹

内容記述
 筆者は,日本教育工学会の「コンピテンシースタンダードと能力評価方法の開発」というSIG の立ち上げに参画し,今回の学習指導要領改訂の議論をフォローしながら,必要な批判や提言をしてきた.本稿では,その概要について,従来の教育が抱えている問題の原因の捉え方の違いに焦点を当てて整理し,情報科の問題点・改善すべき方向性を議論する.また,問題解決力という言葉の多様性をふまえ,情報科で育成すべき問題解決力を明確にする.その後,認知的アプローチによる指導法の設計の必要性を指摘し,筆者らの指導の枠組みを提示する.
本文を読む

https://edo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=764&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報