紀要論文 幼児期におけるメンタルローテーションと自己制御との関連性

野田, 満  ,  落合 洋子

内容記述
 53 名の幼児を対象にメンタルローテーションと自己制御能力との関連性を検討した。自己制御能力の内,自己抑制,注意の移行と回転の適切性を示す決定係数との間に有意な相関が得られた。また自己制御能力の高得点群と低得点群にわけ決定係数と比較したところ,決定係数の値が自己抑制で高得点群の方が低得点群より有意に高く,注意の移行,注意の焦点化においても同様の傾向が見られた。自己制御尺度は項目内容から行動制御と注意の制御に分けられるが,抑制と注意という側面からメンタルローテーション課題内で生じている事態について検討を行った。
本文を読む

https://edo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=734&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報