紀要論文 大学での出版教育におけるムック作成の位置づけと意義 ~江戸川大学マス・コミュニケーション学科での事例~

清水, 一彦

内容記述
 大学での出版教育は,①出版研究教育,②出版専門教育,③出版を教材としてつかう教育,④教養としての出版教育の4 タイプに分類できる。いっぽう教育格差をa.名門ブランド大学卒(含む大学院卒),b.ふつうの大学卒(含む短大),c.高卒と三極化してとらえると,ながいあいだ,出版教育の有無にかかわらずa.が出版社へ供給される人材となり,b.は文化・経済・学力資本がないために,先取りされた自己排除から出版を職業としてのぞまなかった。またc.が出版を職業とすることは現実的ではない。しかし近年,出版業界の人材確保戦略が変化したため,②出版専門教育をうけた?であれば出版業で職をえるチャンスがうまれている。江戸川大学はムック作成を含む②出版専門教育を実施している数少ない例で,出版業界・出版関連業界への就職にも実績がある。本稿では,江戸川大学の出版教育を一事例としながら,大学における出版教育の位置づけとその課題を論じる。
本文を読む

https://edo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=720&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報