紀要論文 出版教育における千葉日報社「チバ・ユニバーシティ・プレス」の位置づけと効果 〜江戸川大学マス・コミュニケーション学科での事例〜

清水 一彦

内容記述
出版とは情報を編集して公開する行為である。出版行為の結果としての出版物には,書籍,雑誌,ムック,コミックス,新聞,そして印刷メディアからの拡張である電子書籍,電子雑誌などがある。江戸川大学マス・コミュニケーション学科出版研究ゼミナールでは,新聞記事制作も出版行為の一部として千葉日報社主催のチバ・ユニバーシティ・プレス(CUP)に参加している。本稿ではCUP の教育効果を個別的に論考する。具体的な教育的効果としては,①体感的にジャーナリズム的な思考を獲得できること,②新聞に書くことでうまれる責任と社会的影響を実感できること,③メンタル面でのストレスが連帯感と技術習得をうながすこと,そして④取材量の確保ができることの4 点があげられる。
本文を読む

https://edo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=654&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報