紀要論文 コプト織物「擬人鳥山羊狩文裂」の素材分析─文化財における素材特性把握のためのR 言語の活用─

関根 理恵  ,  ザン ピン

内容記述
ザンピンらは,論文でR 言語を利用した統計分析を検討した。そこでは,統計の回帰,検定,および因子分析に限定し,実行とその結果を提示し,R 言語を利用したモデリングを試みた。本論文は,その応用例として,文化財に関して,とりわけ染織文化財の織物組織における糸の撚りに関する統計分析を行い,R 言語の活用の可能性について考察した。研究の結果,文化財研究において,R 言語の活用は,文化財情報のデータ取得および分析に有用であり,今後の活用に期待が持てることがわかった。
本文を読む

https://edo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=650&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報