Others 看護教員を対象としたストレスに関する研究の動向
A Literature Review on Research Trends in Stress for Nursing Faculty
カンゴ キョウイン オ タイショウ ト シタ ストレス ニ カンスル ケンキュウ ノ ドウコウ

林, 美佐  ,  Hayashi, Misa  ,  東京情報大学看護学部  ,  Faculty of Nursing, Tokyo University of Information Sciences

21(2)2018-03-01
NCID:AA11155514
Description
看護教員におけるストレスマネジメント研究の資料とすることを目的に、看護教員を対象としたストレスに関する研究の文献検討を行った。医学中央雑誌で検索を行い、13件の文献について検討した。文献は、研究目的や研究デザインによって整理し「看護教員のストレッサーに関する研究」、「看護教員のストレス関連要因に関する研究」、「看護教員のストレス対処能力やレジリエンスに関する研究」に分類された。また専門学校に勤務する教員を対象とした研究が多く、教育機関全般の研究は少なかった。今後、すべての教育機関を対象としたストレス因子の特定やそれらの因子とストレス対処能力やレジリエンスとの関連を確認することが必要である。
The aim of this study was to analyze previous published literature on stress for nursing faculty and to further explore study methods to stress management research in the nursing faculty. Using Igaku Chuo Zasshi Datebase so that 13 literatures were selected.These studies were classified studies about factors which stressors of nursing faculty, factors which related to the stress of the nursing faculty and about factors which sense of coherence and resilience in nursing faculty. Also the many research faculties in the College, less research institutions in General. We should determine the relationship between sense of coherence and resilience factors and identification of stress factors will all institutions using it.
Full-Text

https://tuis.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=591&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

Number of accesses :  

Other information