Departmental Bulletin Paper ゲーム理論に基づいた複雑ネットワーク形成のモデル化
Modeling of Complex Network Formation Based on Game Theory
ゲームリロン ニ モトヅイタ フクザツ ネットワーク ケイセイ ノ モデルカ

今井, 哲郎  ,  田中, 敦  ,  吉澤, 康介  ,  三宅, 修平  ,  Imai, Tetsuo  ,  Tanaka, Atsusi  ,  Yoshizawa, Kousuke  ,  Miyake, Shuhei  ,  東京情報大学看護学部遠隔看護実践研究センター  ,  山形大学大学院理工学研究科  ,  東京情報大学総合情報学部\n  ,  Telenursing Reserch Center,Faculty of Nursing, Tokyo University of Infoemation Science,  ,  Graduate School of the Science and Engineering,Yamagata University,/ Faculty of Informatics,Tokyo University of Information Sciences

21(1)2017-09-30
NCID:AA11155514
Description
情報通信や社会学,生物学など多様な分野において,要素とその要素間の関係で構成されるネッ トワーク構造(トポロジ)が複雑ネットワークと呼ばれる特性を持っていることが明らかになって きている.多数の主体が自己組織的に複雑ネットワークを形成する原理を,構成主体の個人合理性 に落とし込むことで明らかにするために,我々はこれまでにゲーム理論に基づいた複雑ネットワー ク形成のモデル化を行い,その特性について分析してきた.本稿では,これまでの研究成果を概観 し,今後の展望について述べる.
In various fields such as communication technology, sociology, and biology, it has been revealed that network structure( topology) composed of elements and relationships of the elements has property of the complex networks. By the concept of individual rationality, in order to reveal why numerous individuals tend to self-organize complex networks, we have modeled complex networks formation based on game theory and analyzed their properties. In this paper, an overview of the research results and prospects are described.
Full-Text

https://tuis.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=576&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

Number of accesses :  

Other information