紀要論文 スカイラインチャートの拡張による多地域間産業連関表の多次元可視化手法の開発
Multi-dimensional Visualization Method for Multi-regional Input-Output Tables with Extending Skyline-chart
スカイラインチャート ノ カクチョウ ニ ヨル タチイキカン サンギョウカンレン ヒョウ ノ タジゲン カシカ シュホウ ノ カイハツ

藤原, 丈史  ,  Fujiwara, Takeshi  ,  東京情報大学総合情報学部  ,  Faculty of Informatics,Tokyo University of Information Sciences

21(1)2017-09-30
NII書誌ID(NCID):AA11155514
内容記述
産業連関表はある国や地域における産業構造を表すものであり,経済波及効果といったさまざまな分析や施策について重要な役割をもつ.この産業連関表からその産業構造を視覚的に表す図としてスカイラインチャートが挙げられるが,これは一つの国または地域を対象にしているため,多国・多地域間,または多時点間の比較においては独立した図同士の比較が必要になり容易ではない.本研究では,主に多地域間産業連関表を対象に,複数の国・地域等の産業構造を一つの図として表し,構造の特徴についての比較分析を容易に行える新たな図を開発する.
An input-output table describes economic and industrial structures within an economy, and it is an important tool for use in various analyses, such as of an economic ripple effect. A skyline chart can help to visualize industrial structures from an input-output table; however, it is complicated to compare charts in parallel because a skyline chart can represent only one economy within a chart. This research develops a new chart that is able to visualize industrial structures of multiple economies within one chart to compare various features of different economies simultaneously.
本文を読む

https://tuis.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=575&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報