紀要論文 プロダクト・プランニングにおけるデフレーム・ロジックの戦略的側面
The Strategic Phase of De-frame Logic in Product Planning
プロダクト プランニング ニ オケル デフレーム ロジック ノ センリャクテキ ソクメン

岩本, 俊彦  ,  イワモト, トシヒコ  ,  Iwamoto, Toshihiko

20(1)pp.15 - 32 , 2016-09-30
NII書誌ID(NCID):AA11155514
内容記述
多様化した消費者ニーズに呼応してプロダクトの差異化が進展している。しかし、競合プロダクトの台頭に伴いコモディティ化が進んで同質的になり、差異化による比較優位性の訴求が難しくなる。このため、顧客価値の送達がプロダクト・プランニングにおいて課題として検討されており、QFDの手法を織り込んだデフレームのコンセプトをベースとしている。分析の結果、代替品の性能向上で市場が縮小する場合でも、デジタルカメラ市場では差異化戦略が有効で、プロダクトの特性が訴求できるカテゴリーの形成や上方へのカテゴリー・シフトが起きている事態が明らかになった。
本文を読む

https://tuis.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=556&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報