紀要論文 看護の社会学的観察:看護社会学序説
Sociological Observation on Nursing : An Introduction to Nursing Sociology
カンゴ ノ シャカイガク テキ カンサツ: カンゴ シャカイガク ジョセツ

圓岡, 偉男  ,  林, 美佐  ,  ツブラオカ, ヒデオ  ,  ハヤシ, ミサ  ,  Hideo, Tsuburaoka  ,  Misa , Hayashi

19 ( 1 )  , pp.29 - 40 , 2015-09-30
NII書誌ID(NCID):AA11155514
内容記述
本研究の目的は、看護におけるコミュニケーションと社会システムの基礎づけを求めるところにある。本稿の議論の中心は、われわれのコミュニケーションが安定した事態にはないということにある。看護におけるコミュニケーションでも、事態は同様である。コミュニケーションにおいて、われわれは、自己と他者の間に理解を創出しなければならない。そして、当然のことながら自己と他者の関係の問題は、看護師と患者との間の関係とも無関係ではない。コミュニケーションにおいて、理解は譲渡されるものではない。理解の共有は、お互いに理解を創出することを意味する。一方的なコミュニケーションは、看護活動にとって問題となる。一方、看護システムは、ひとつの社会システムでもある。社会システムは期待構造を形成する。看護システムにおける期待構造は、看護行為に対して安定性をもたらすことになる。しかし、看護の環境が変化するとき、看護システムは、自分自身を変更しなければならないことになる。これらの問題に対峙するとき、われわれは社会学的な視点で看護を分析しなければならないのである。
The purpose of this research is to show a foundation of communication and social system in nursing. The most important part of this research is that our communication is in contingency. In nursing communication, this situation is the same. In our communication, we must create an understanding between ego and alter ego. This issue of relation between ego and alter ego is not irrelevant to the relation between nurse and patient. In our communication, understanding is not intended to be handed. Shared understanding means to create understanding each other. Unilateral communication is a problem in nursing. On the other hand, nursing system is a social system. Social system forms a structure of expectation. In nursing system, structure of expectation leads stability for nursing. When nursing environment changed, nursing system has to change itself. When dealing with this Problem, we must analyses the nursing by the sociological perspective.
本文を読む

https://tuis.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=542&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報