紀要論文 拡張現実(AR)技術による景観シミュレーション─東京農業大学世田谷キャンパス新研究棟を事例として─
Landscape Simulation by Using Augmented Reality Techniques ─Example of New Building in Setagaya Campus of TUA─
カクチョウゲンジツ(AR)ギジュツ ニ ヨル ケイカン シミュレーション ─トウキョウ ノウギョウ ダイガク セタガヤ キャンパス シン ケンキュウトウ ヲ ジレイ ト シテ─

國井, 洋一  ,  大輪, 叡史  ,  Yoichi , Kunii  ,  Toshifumi , Owa  ,  東京農業大学地域環境科学部造園科学科  ,  東京農業大学地域環境科学部造園科学科(東京地下鉄株式会社)  ,  Department of Landscape Architecture Science, Faculty of Regional Environment Science, Tokyo University of Agriculture  ,  Department of Landscape Architecture Science, Faculty of Regional Environment Science, Tokyo University of Agriculture (Tokyo Metro Co., Ltd.)

62 ( 1 )  , pp.40 - 46 , 2017-06-22
NII書誌ID(NCID):AN00164184
内容記述
本研究では,新研究棟の建築計画が進められている東京農業大学世田谷キャンパスのユリノキ広場を対象地とし,拡張現実(Augmented Reality : AR)技術を用い,スマートフォンのカメラ機能を用いてユリノキ広場に仮想の新研究棟の3DCGモデルを表示させることで新研究棟竣工時の景観シミュレーションを行った。新研究棟には現状の2号館,7号館,10号館,11号館,13号館,18号館に属する各学科の研究室や演習室等が移転する予定である。そのため,それら現状の建物の延床面積の総計を算出し,新研究棟の延床面積はその値を上回るように設定して3DCGモデルの作成を行った。また,新研究棟の外観形状には様々なものが想定されるため,本研究では計5種類の3DCGモデルを作成してシミュレーションを実施した。その結果,新研究棟が建てられた後の景観に対し現実に近い形でのシミュレーションが達成され,眺望の確認や圧迫感の度合い等を確認することが可能となった。
There is a plan to construct a new building at Yurinoki square in the Setagaya campus of TUA. Some landscape simulations of completion of the construction were attempted by using augmented reality (AR) techniques with smartphone. The new building will assemble all faculties of Setagaya campus distributed in buildings numbered as No.2, 7, 10, 11, 13 and 18. Therefore, total floor area of these buildings were accumulated, and 3DCG modelings of the new building were predictively designed under the constraint that the floor area of new building will be wider than the present condition. Moreover, in order to envision some exterior of the new building, the landscape simulations were performed by using 5 different 3DCG models designed by this study. As a result, the realizable landscape simulations for construction of the new building were realized, and confirmation of views and impressions became effectively possible by the present method.
本文を読む

https://nodai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=713&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報