紀要論文 イラストマータグ注入状況による保持率の違い
Differences in the Retention Rate Depending on Handling Methodology for Visible Implant Elastomer (VIE) Tag
イラストマータグ チュウニュウ ジョウキョウ ニ ヨル ホジリツ ノ チガイ

山本, 敦也  ,  山内, 雄一朗  ,  金岩, 稔  ,  Atsuya, Yamamoto  ,  Yuichiro, Yamauchi  ,  Minoru, Kanaiwa  ,  東京農業大学生物産業学部生物資源開発研究所  ,  元東京農業大学生物産業学部アクアバイオ学科  ,  三重大学生物資源学部生物圏生命科学科  ,  NODAI Bioresources Institute, Faculty of Bio-Industry, Tokyo University of Agriculture  ,  Former : Department of Aquatic Bioscience, Faculty of Bio-Industry, Tokyo University of Agriculture  ,  Department of Life Sciences, Faculty of Bioresources, Mie University

61 ( 4 )  , pp.137 - 141 , 2017-03-15
NII書誌ID(NCID):AN00164184
内容記述
資源状態を知る生物パラメータの推定を行う際に標識による個体識別は有用な方法である。近年登場したイラストマータグは標識の保持率が高く,安価かつ魚体への影響が少ないため,標識として有用であると言われている。しかし,イラストマータグの注入状況による保持率の差が懸念されている。そこでイラストマータグ注入時の状況により,標識の保持率がどのように変化するか明らかにするために,飼育されたニジマス(Oncorhynchus mykiss)を用いて,標識を入れた魚体の左右,標識の注入方向(上下),イラストマータグの固化促進剤を混合後経過した時間(1時間以内と24時間以上)全ての組み合わせについて,保持率の経時変化を調べ,有効なイラストマータグの注入状況について考察した。56日間の観測後,イラストマータグの保持率は全体で86.4%であった。これらの要因について一般化線形モデルを用いて要因解析を行ったところ,標識の保持率は経過日数と標識を入れた魚体の左右で説明されることがわかった。イラストマータグを用いた標識は,左側に比べ右側の保持率が若干低いが,保持率の低い右側でも81.8%の保持率であることから,少なくとも2ヶ月程度は標識方法として有効であると思われた。より正確に標識状況を把握するためには同じ箇所に同じ標識を2つ施すことやパリティビットとなるタグの標識が望ましいと思われた。
The mark-recapture method is a common survey method to estimate stock abundance. The visible implant elastomer (VIE) has high retention rate, low cost and high safety for target fishes. However, differences in the retention rate depending on handling methodology for VIE seem to be existed. An investigation was conducted to evaluate the differences in the retention rate by various handling methodologies for VIE using hatchery rainbow trout. The experiment was carried out under different combinations of settings ; 1) altering the side of the fish where the tag was injected (right or left), 2) the direction of the injection (from above or below) and 3) the elapsed time after mixing elastomer and hardener (1 hour or 24 hours). After 56 days, the total retention rate of VIE was about 86.4%. The factor which affected the retention rate was investigated using generalized linear model. The result suggested the side of the fish where the tag was injected and the day after the injection had the largest effect. Because the estimated minimum retention rate (injected to the right side and after 56 days) was about 81.8%, it is suggested that VIE was an effective marker method for tagging fishes for at least two months. To obtain more precise identification of mark, marking with 2 tags on the same side and/or adding a mark as parity bit is recommended.
本文を読む

https://nodai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=673&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報