Departmental Bulletin Paper 無機質の過不足摂取に対する無機質の栄養生理化学的研究
A Nutritional Physiological Study on the Excessive or Deficient Intake of Dietary Minerals and Their Interrelationships
ムキシツ ノ カブソク セッシュ ニ タイスル ムキシツ ノ エイヨウ セイリカガク テキ ケンキュウ

鈴木, 和春  ,  Kazuharu, Suzuki  ,  東京農業大学名誉教授  ,  Professor Emeritus, Tokyo University of Agriculture

61 ( 1 )  , pp.1 - 5 , 2016-06-20
NCID:AN00164184
Description
微量栄養素の一つであるミネラルの生理作用については,多くの研究がなされている現状であるが,ミネラル単独の効果や生理作用についての研究がなされているのみである。ミネラルと他栄養素との関係並びにミネラルの相互関係について,ミネラル摂取の過不足が生体内ミネラルの相互関係に対する影響について実験動物を用いて検討した我々の結果を中心に総説する。
Current literature contains many studies on the physiological activity of minerals, a type of micronutrient. However, these studies have only considered the efficacy and physiological activity of individual minerals in isolation. Here, we review how different minerals interact and relate to other nutrients, using the results from our experimental animal studies that show how these factors are affected in vivo by the excessive or deficient intake of dietary minerals.
Full-Text

https://nodai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=598&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

Number of accesses :  

Other information