紀要論文 <特集 日本研究の過去・現在・未来>過去・現在・未来へのプロジェクト : 辞典編纂で知った日本研究の問題点
Past, Present and Future in One Project : Highlighting Issues of Scholarship through Dictionary Work

日地谷=キルシュネライト, イルメラ

55pp.145 - 169 , 2017-05-31 , 国際日本文化研究センター , International Research Center for Japanese Studies
NII書誌ID(NCID):AN10088118
内容記述
 世界における日本研究は、当然それぞれの国における学問伝統と深く結びついている。そのため、19世紀末以降のドイツ日本学の発展は、学問的に必須の道具である、辞書、ハンドブック、文献目録などの組織的な編纂と歩みをともにしてきた。そのような歴史の中ではこれまで、和独・独和辞典や語彙集など、1千を超える日独語辞典の存在が確認されている。1998年にその編纂作業が始まった、和英・英和辞典などをも含めた、日本における2か国語辞典編纂史上最大のプロジェクト、包括的な「和独大辞典」全3巻は、今その完成を目前にしている。この辞典編纂の過程は、ここ何十年かの学問に関する技術的・理論的問題にも光を当ててくれると思われるのだが、その問題とは、辞書編纂に関するものだけではなく、例えばディジタル化、メディアの変遷、日本の国際的地位、人文科学と呼ばれる学問に関わる問題でもある。その意味からも、新しいこの「和独大辞典」誕生までの道筋は、「日本研究の過去・現在・未来」について、多くのことを語ってくれるに違いない。
本文を読む

https://nichibun.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6601&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報