紀要論文 <研究ノート>美術史は全球化しうるか? : 極東の視点からする批判的注釈
Is Art History Globalizable? : A Critical Commentary from a Far Eastern Point of View

稲賀, 繁美

54pp.105 - 128 , 2017-01-31 , 国際日本文化研究センター , International Research Center for Japanese Studies
NII書誌ID(NCID):AN10088118
内容記述
 学術としての「美術史学」は全球化(globalize)できるか。この話題に関して、2005年にアイルランドのコークで国際会議が開かれ、報告書が2007年に刊行された。筆者は日本から唯一この企画への参加を求められ、コメントを提出した。本稿はこれを日本語に翻訳し、必要な増補を加えたものである。すでに原典刊行から8年を経過し、「全球化」は日本にも浸透をみせている話題である。だがなぜか日本での議論は希薄であり、また従来と同じく、一時の流行として処理され、日本美術史などの専門領域からは、問題意識が共有されるには至っていない。そうした状況に鑑み、本稿を研究ノートとして日本語でも読めるかたちで提供する。
 本稿は、全球化について、①アカデミックな学問分野としての制度上の問題、②日本美術史、あるいは東洋美術史という対象の枠組の問題、③学術上の手続きの問題、④基本的な鍵術語(key term)の概念規定と、その翻訳可能性、という4点に重点を絞り、日本や東洋の学術に必ずしも通じていない西洋の美術史研究者を対象として、基本的な情報提供をおこなう。
本文を読む

https://nichibun.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6446&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報