紀要論文 伝統が途絶えることで促されるイノベーションへの心理的効果:陶芸における世代間継承に関する事例研究
Psychological Effect for Innovation Encouraged by Disconnection of Tradition: Case Study about Succession among Generation in a Ceramic Art

竹内, 一真

9pp.103 - 115 , 2017-03-31 , 多摩大学グローバルスタディーズ学部
ISSN:18838480
NII書誌ID(NCID):AA12419269-20170331-1008
内容記述
近年、伝統工芸においては後継者が現れず、断絶をしてしまうケースが増えてきている。一方で、断絶から復活へと至り、興隆を極めている事例もあり、断絶が完全にネガティブというわけでもない。本稿では復活を行った経験を有するある陶芸の継承者の継承の語りから断絶の意義を明らかにした。調査ではライフストーリーインタビューを行い、復活に至るまでのプロセスに関して話を聞いた。その結果、伝統が途絶えることで促される継承という視点に関してと、受け継ぐ技芸の可能性の認知と継承の関係性が明らかになった。Nowadays, traditional craft is put on disconnection among generations because of lack of successor. Otherwise, there are some cases which traditional crafts that go from disconnection to revival reach their peak. This study clarified meaning of disconnection among generation about a traditional ceramic art. I used the life story interview to acquire the data about meaning of disconnection for the person who had revived the traditional ceramic art. As a result, this study revealed view point of succession about disconnection of tradition and relationship between succession and potentialities about arts which you want to take over.
本文を読む

https://tama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=905&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報