紀要論文 Revisiting ‘Honorary Whites’: A Preliminary Research Note on the Japanese Racial Consciousness in Post-Apartheid South Africa
「名誉白人」再考:ポスト・アパルトヘイト南アフリカにおける日本人の人種意識に関する研究ノート

Sugishita, Kaori

9pp.93 - 102 , 2017-03-31 , 多摩大学グローバルスタディーズ学部
ISSN:18838480
NII書誌ID(NCID):AA12419269-20170331-1007
内容記述
Japanese have admired the West ever since they became a part of the modern, West-centered world. ‘Race’, however, has remained a factor that prevents Japan, a non-white nation, from identifying itself with the West. The Japanese found an awkward solution for this modern dilemma in apartheid South Africa, where they enjoyed an ‘honorary white’ status, which granted them some rights and freedoms normally denied to non-white peoples. Twenty years after the official end of apartheid, I have started a research among the Japanese community in post-apartheid South Africa, exploring their racial experiences, relationships and consciousness. In doing so, I do not withhold my moral stance against racism in the hope of establishing a dialectical relationship with the Japanese community. I believe that ‘our’ attunement with white supremacism may not be limited to the apartheid era but is a deep-rooted symptom of Japanese modernity.日本人は、西洋を中心とする近代世界に参入して以来、常に西洋に好感を抱いてきた。しかし、「人種」という差異により、非白人国家日本は、自らを西洋と同一視することはできなかった。この近代的ジレンマが奇妙な形で解消されたのが、アパルトヘイト体制下の南アフリカである。当時の在南ア日本人は、非白人には認められていなかった権利と自由を享受し、「名誉白人」と呼ばれていた。その体制が終了して20 余年となる今、私はポスト・アパルトヘイト南アフリカに生きる日本人の人種経験、人種関係および人種意識について研究を始めた。その上で、私は自らの反人種主義的立場を隠すことなく、現地の日本人と対話的関係を確立することに努めている。「我々」の白人至上主義への迎合は、アパルトヘイト期の南アフリカに限られた現象ではなく、日本近代の根深い「病」なのかもしれないのである。
本文を読む

https://tama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=903&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報