紀要論文 Portfolios for Assessment and Learning
評価と学習のためのポートフォリオ

Kenney, Jethro

9pp.31 - 38 , 2017-03-31 , 多摩大学グローバルスタディーズ学部
ISSN:18838480
NII書誌ID(NCID):AA12419269-20170331-1003
内容記述
The primary purpose of this paper is to argue for the merits of using portfolios as a significant portion of assessment in EFL classrooms. The secondary purpose is to comment on several ways in which portfolio use develops the types of skills and learning behaviors that better prepare students for the real world, i.e., non-academic settings. The paper is divided into three parts: portfolios, assessment and learning. First, a definition of portfolio is provided to familiarize the reader with portfolio construct and use. Particular attention is then given to the design features of the assessment portfolio. Several points are highlighted differentiating assessment portfolios from traditional assessments.Next, there is a discussion on three technical components of assessment: validity, reliability and practicability. These technical components will be used to judge the value of portfolios as an assessment. Finally, the conversation shifts to offer some comments on advantages of portfolio use for learning.本論文の主な目的は、英語を外国語言語として学ぶEFL クラスにおいて、ポートフォリオを英語評価の基本的手段として使用する利点を論ずる事である。第二の目的として、ポートフォリオの使用により、学生達は学びの姿勢やスキルを伸ばし、実践的な社会(アカデミックでない環境)への準備を円滑にする事について、幾つか言及する。尚、本論文は、ポートフォリオ、評価、学習の三部によって構成されている。始めに、ポートフォリオの定義を定め、構成や用途を説明する。 特にポートフォリオ評価の設計特性について注意を向ける。また、ポートフォリオ評価が従来の典型的な評価法と異なる事についても明らかにする。次に、評価を構成する三つの技術要素、有効性、信頼性、実行可能性に関して議論する。これらの技術要素はポートフォリオが評価の中で、重要な一部であるとの価値を判断する上で使用される。最後に、ポートフォリオの使用が、学習を促進することに言及する。
本文を読む

https://tama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=899&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報