紀要論文 Is Ecotourism Just Another Story of Paradise Lost?
エコツーリズムは失楽園の物語でしかないのか?

English, Brian J.

9pp.1 - 12 , 2017-03-31 , 多摩大学グローバルスタディーズ学部
ISSN:18838480
NII書誌ID(NCID):AA12419269-20170331-1001
内容記述
This paper uses Milton’s epic Paradise Lost as a metaphor to highlight the pitfalls of the label “ecotourism”. Critics of ecotourism view the label as a misnomer and an advertising ploy. Therefore, in order to provide a balanced perspective of ecotourism, this paper will review the definition of ecotourism, discuss the challenges of implementing successful ecotourism projects and provide some examples of ecotourism-gone-wrong. Since seeking economic benefits of increased tourism is contradictory to protecting natural resources, ecotourism-gone-wrong can ruin a community’s resources and leave a natural paradise lost to future generations. For ecotourism destinations that advertise their closeness with nature, restraint and responsible planning are essential to achieve sustainable tourism.本稿は、ミルトンの叙事詩『失楽園』をメタファーとして用い、「エコツーリズム」の陥穽を明らかにする。エコツーリズムに批判的な人々にとっては、この名称は誤称であり、広告戦略である。本稿は、エコツーリズムに関するバランスの取れた見方を提示するために、その定義を見直し、この種の事業を成功させるための課題を検討すると共に、いくつかの失敗例を紹介する。拡大する観光事業の経済的利益を追求することは、自然資源の保護と相いれない。従って、エコツーリズムの失敗は、共同体の資源を破壊し、自然の楽園を次世代から奪う可能性がある。自然とのふれあいを売り物にするエコツーリズム拠点が、持続可能な観光事業を実現するためには、抑制と責任ある計画立案が不可欠であろう。
本文を読む

https://tama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=897&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報