紀要論文 実践報告:英語学習支援室の利用を促すための試み
A Report on Promoting Student Access to the Study Support Room

高橋, 順子

8pp.123 - 132 , 2016-03-31 , 多摩大学グローバルスタディーズ学部
ISSN:18838480
NII書誌ID(NCID):AA12419269-20160331-1009
内容記述
多くの大学が学習支援のための施設を用意し、学習環境を整えて学生の自律的学習を支援しようとしている。しかし、英語習熟度が著しく低い学生にとっては、それらの支援を自ら活用するための行動を起こすこと自体が困難である。本稿では、そのような学生に学習支援室を利用させるための試みを報告する。基本的な英文法の理解度を確認するテストを一年生を対象に実施し、得点に応じて支援室で指導を受けるよう助言を与えた。この取り組みの一連の流れを報告し、これが学習支援室の利用率に及ぼした影響、文法テストを採用したことの是非、その他、英語の習得状況に改善の必要が認められる学生が抱える問題を取り上げる。
Many universities provide study support resources in order to help students, offering an optimal learning environment and nurturing learner autonomy. However, many students with low English proficiency tend not to actively seek support. The present paper reports on an attempt to encourage students in need of higher English proficiency to utilize a study support room (SSR). First-year students were given a grammar test to assess their understanding of basic grammar items, and, based on this score, advised to seek instruction at the SSR. The effect of this intervention on the usage rate of the SSR, the feasibility of adopting a grammar test as a tool to encourage learner autonomy, and other issues associated with students of low English proficiency are discussed.
本文を読む

https://tama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=280&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報