紀要論文 学生から発話を引き出す授業を目指して―Learners’ Lives as Curriculum モデルを応用して―
Creating Active Engagement in English Conversation Class

小塚, 暁絵

8pp.61 - 82 , 2016-03-31 , 多摩大学グローバルスタディーズ学部
ISSN:18838480
NII書誌ID(NCID):AA12419269-20160331-1005
内容記述
外国語としての英語を学習するEFL の環境下で、英語に触れる機会が主に授業の中のみである学習者たちの授業内での発話量を増やすことは容易ではない。本稿は、教科書に書かれた会話文の暗唱や、機械的ドリルの繰り返しのような伝統的な学習法から脱却し、一人ひとりの学習者自身が表現したい内容を発話させるような授業を実現させるための教材開発と授業実践の試みをLearners’ Lives as Curriculum モデルの応用として報告する。
In EFL settings, where students primarily use English in the classroom, it can be difficult to find opportunities for students to engage in extended interactions. This paper reports on an application of the Learners’ Lives as Curriculum model for Japanese college students, which makes active learning possible via the use of learners’ real-life experiences. This departs from traditional methods of learning, which focus on having students recite dialogues and have mechanical drills from textbooks.
本文を読む

https://tama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=276&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報