紀要論文 The Role of Competition in the Classroom
授業活動における競技性の役割

De Luna, William

8pp.1 - 6 , 2016-03-31 , 多摩大学グローバルスタディーズ学部
ISSN:18838480
NII書誌ID(NCID):AA12419269-20160331-1001
内容記述
Competition is an omnipresent force that has not only transcended nature throughout history, but has also managed to find its way into the classroom. It is often used as a form of motivation and enjoyment that is fueled by extrinsic and intrinsic activities. Scholars may argue that it does not serve a valuable purpose in academia as there may be various negative effects attributed to the concept of rivalry.The concept of cooperative learning is preferred much more as the method of classroom interaction. In order to discern and better understand whether or not competition is conducive to education, it is important to look deeper at the various dynamics involved. This paper will introduce and explore not only some of the fundamentals of competition, but will delve deeper into the psychological and even physiological factors at play.
競争は時代を超え至る所に存在する力であり、教育現場においても見出されるようになってきた。そこでは、外的・内的刺激を伴う諸活動が引き起こす、動機づけや娯楽的要素としてしばしば用いられる。学究性を重んじる識者の中には、競争という概念の否定的な影響を指摘し、アカデミアにおいては価値ある目的を果たすことはないと考える向きもある。実際、学習者の相互的活動を促進する方法としては、協同学習の方がはるかに好まれている。競争という概念が教育に役立つものであるか否かを判断し、十分に理解するためには、競争が含意する様々な社会文化的力学を検討することが重要である。本稿では、競争に関する基本原理を紹介し、その過程に作用している心理的要因、そして物理的要因にまで掘り下げて考察する。
本文を読む

https://tama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=271&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報