紀要論文 近赤外分光画像計測法による末梢血液中ヘモグロビン濃度の時系列データ解析 ―個人の生活習慣との関係において―
Time-Series Data Analysis of Peripheral Hemoglobin Concentrations Measured with Near-Infrared Spectroscopic Imaging Method in Relation to Lifestyle Factors

竹内, 裕之  ,  児玉, 直樹

(16)  , pp.1 - 8 , 2017-03-31 , 高崎健康福祉大学
ISSN:13472259
NII書誌ID(NCID):AA11647122
内容記述
4名の被験者を対象に、近赤外分光画像計測法を用い末梢血液中ヘモグロビン濃度の時系列データを取得し、遅延相関分析法により運動、睡眠、サプリメント摂取など生活習慣との関係を解析した。その結果、(1)鉄分を多く含む食品やサプリメントの摂取効果が明らかになった、(2)適度な有酸素運動はヘモグロビン濃度を増加させるがアスリートが行う激しいトレーニングは逆に減少させた、(3)睡眠時間が長いとヘモグロビン濃度が増加する傾向が見られた。
本文を読む

https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/11293/1/1-8_%e7%ab%b9%e5%86%85%e8%a3%95%e4%b9%8b.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報