紀要論文 喜劇としての独裁 : クラカウアーの『ジャック・オッフェンバックと彼の時代のパリ』
Dictatorship as farce : Kracauer's Jacques Offenbach and the Paris of his time

荻野,雄

128pp.1 - 19 , 2016-03 , 京都教育大学
ISSN:21873011
NII書誌ID(NCID):AA11735241
内容記述
本稿は,ジークフリート・クラカウアー研究の継続として,主としてパリ亡命時代に書かれた『ジャック・オッフェンバックと彼の時代のパリ』を取り扱う。この作品は長らく単なる「軽い読み物」として軽視されてきたが,近年再評価を受けている。本稿では,近年の研究成果を概観しながら次の三つの点を示していく。第一に,この著作は虚しい好奇心から書かれたのではなく,この作品でクラカウアーはナチズムとの対決を意図している。第二に,この本に対する有名なアドルノの厳しい批判は,実は全く不当であると言わねばならない。第三に,この本で提示されたオッフェンバックのイメージは,後の映画理論で展開されることになる多くの要素を含んでいる。
本文を読む

http://ir.kyokyo-u.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/8454/1/S007v128p1-19_ogino.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報