紀要論文 教師が自己対象として機能すること : 教師と児童生徒とのかかわり合いの意義
The teacher's function as a selfobject : meanings of relatedness between teachers and pupils/students

角田,豊  ,  森,佳美

127pp.11 - 26 , 2015-09 , 京都教育大学
ISSN:03877833
NII書誌ID(NCID):AA11735241
内容記述
本研究の目的は,教師が児童生徒の心的成長を支援するその実際を,個性記述的に「日常的なかかわり合い」の分析から明らかにすることであった。コフートの自己心理学の中心概念である「自己対象」を取り上げ,教師が自己対象として機能することが,子どもの自己の成長にどのように必要かを論じた。つづいて教師と児童生徒との「かかわり合い」に焦点を当てる意義ついて,「間主観性」ならびに「自己調節・関係調節・情動調律」の観点から考察した。その後,日常的な学校場面における補助教員と児童生徒とのかかわり合いについて実践例をあげ事例研究を行った。かかわり合いの場で生起した相互交流の質が明確にされ,教師がどのように自己対象として機能したかについて考察がなされた。
本文を読む

http://ir.kyokyo-u.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/8177/1/S007v127p11-26_kakuta.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報