Departmental Bulletin Paper ICT を活用した「総合的な学習の時間」の教育方法: 探求的な学習のための教育プログラム構築を目指して
Educational Methods of “the Period for Integrated Studies” utilizing ICT: Aimed to build educational programs for inquiry-based learning

白坂, 正太  ,  Shouta, Shirasaka

32pp.63 - 75 , 2018-02 , 久留米大学情報教育センター
ISSN:2432-2555
NCID:AA11468134
Description
本稿は、探求的な見方・考え方を重視する「総合的な学習の時間」における教育方法について、ICTを活用した教育プログラム構築につながる探求的な学習の在り方を検討することを目的としている。探求的な学習では、「①課題の設定→②情報の収集→③整理・分析→④まとめ」の過程が強調されており、児童・生徒が自ら課題の設定を行うことの重要性が示されている。そこで、本稿では、探求的な学習過程に沿う教育方法として、社会調査の過程に着目する。社会調査では、調査者が自ら課題を設定し、それらを分析・まとめるという一連の過程が存在する。また、調査結果をまとめる上で、コンピューターなどのICT を活用することも有効である。そのため、これらを統合的に含めた教育を行うことで、探求的な学習を支える教育プログラムが構築できると考え、その実践事例を紹介しながら、その一連の過程に関して考察を行うこととしたい。
Full-Text

https://kurume.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=415&item_no=1&attribute_id=13&file_no=1

Number of accesses :  

Other information