紀要論文 カイロ大学(エジプト)文学部日本語日本語文学科の現状-国際交流基金・日本研究機関支援プログラム(客員教授派遣)報告-
The present system of the Department of the Japanese Language and Literature, Cairo University - The report of the Japanese research institution support program of The Japan Foundation -

浦田, 義和

内容記述
キリスト教とカトリックとプロテスタントに分けた場合、世界最大の宗教人口を擁するのはイスラム教であるが、そのイスラム文化圏についての研究や交流は、特に日本において立ち遅れている。筆者は2007年と2008年のエジプト大学への派遣に続いて、今回、国際交流基金からエジプト・カイロ大学に派遣されたので、この機会にカイロ大学日本語日本語文学科の現状をレポートする。
本文を読む

http://repository.kurume-u.ac.jp/dspace/bitstream/11316/632/1/hibun51_39-47.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報