Departmental Bulletin Paper 若者のキャリアデザイン構築のための社会的支援 : 大学新卒3 割・3 年以内退職にどう対応するか

所, 正文

(第15号)  , pp.79 - 89 , 2017-03-21 , 立正大学心理学研究所
ISSN:13482777
Description
 We have explored the social support measures for developing career design in youth in this study.Since the late 1990s, more than 30% of university graduates in Japan had resigned from their first jobswithin three years. The first point is that their career anchors are not determined. In particular, it canbe said that the trend is strong in social sciences students. We have identified that the company’semployment management method in Japan, especially for young people, has been substantiallychanged since the late 1990s. University, employment and marriage are the three major events in thefirst half of life. Many young people stumble in the challenges of their lives because they are not ableto successfully“ Think globally”. In this aspect, the role of a mentor has become very important. Thenumber of universities has grown in Japan and in addition, the procedures of admission have beensimplified. In this aspect, we see the upsurge in the level of bipolarization where many of theseschools are now in need of promoting career education. On the other hand, Massive Open OnlineCourses have been already introduced by the top-ranked universities in the United States. The topuniversities in Japan are anticipated to follow them sooner or later.
 本研究では、若者のキャリアデザイン構築のための社会的支援策について検討した。わが国の大学卒者は、1990年代後半から初職を3 年以内に3 割以上が離職している。本人側の原因として、キャリアアンカーが定まっていないこと、とりわけ私立大学・文科系学部出身者にその傾向が強いことがあげられる。企業側の原因には、若年者に対する雇用管理の在り方が、90年代後半から抜本的に変更されたことがあげられる。人生前半の3 大イベントとして、大学進学、就職、結婚がある。Think globally を確立できていない若者が多く、人生途上でのつまずきがみられ、メンターの役割が重要になっている。わが国では、短期間で大学数が増加し、入試も易化したことから、大学の2 極化が進み、多くの大学がキャリア教育の必要に迫られている。一方、米国の最先端大学では、大規模公開オンライン授業(MOOC)を導入し始めている。わが国のトップランク大学も早晩追随することになる。
Full-Text

http://repository.ris.ac.jp/dspace/bitstream/11266/5952/1/kiyo15_p079_tokoro.pdf

Number of accesses :  

Other information