Departmental Bulletin Paper 現代製造業のグローバルな再編と21世紀前半世界(1) ―中国・アジア産業構造転換と情報ネットワーク化―
Global Reorganization of Modern Manufacturing Industry and the World in the First Half of the 21st Century (Part 1) ―Industrial Conversion and Information Networking in China・Asia Economy―

田中, 裕之

65 ( 3/4 )  , pp.143 - 156 , 2016-03-31 , 立正大学経済学会
ISSN:02883457
NCID:AN00069955
Description
本稿の主題は,世界経済の実体的基礎を担ってきた現代製造業を中心とする産業再編である.特に中国・アジアシステムにおける産業構造の転換とその世界市場的意味である.中国は,21 世紀に入り世界経済の実体過程を担うアジアシステムの基軸となり,現在製造業を中心として労働力不足と賃金上昇による生産システムの転換に直面している.中国経済の実体過程は同時に世界市場の実体過程の基軸となっており,既に自動車産業を中心として機械機器産業は,国際競争市場である.その生産システムにおける自動化やロボット化,あるいは作業現場単位の情報ネットワーク化の進展がもたらす産業構造の転換は,欧米製造業にとっても最大の再編課題となり,製造業を超える問題と言える.実際に,IoT(Internet of Things),情報データの分析の自動化(AI)の登場は,建設・インフラから医療や新産業のヘルスケア・バイオを中心に,研究開発投資(R&D)が拡大している.その中国・アジアシステムを軸とする世界的な産業再編とその 21 世紀前半世界における地位と方向性の考察が最終課題となる.
Full-Text

http://repository.ris.ac.jp/dspace/bitstream/11266/5892/1/%5b143-156%5d.pdf

Number of accesses :  

Other information