Departmental Bulletin Paper 矯正システムの可視化による社会的包摂促進の検討 ―喜連川社会復帰促進センターに対する近隣住民の意識調査―

上瀬, 由美子

(14)  , pp.51 - 63 , 2016-03-31 , 立正大学心理学研究所
 本研究は、日本で近年開始された新たな社会システムとして官民協働刑務所(PFI刑務所)に注目し、2つの調査を実施した。研究1では、官民協働刑務所のひとつである喜連川社会復帰促進センターをとりあげ、施設近隣住民に施設に対する態度を尋ねる面接調査を行なった。研究2 では、喜連川社会復帰促進センターの近隣住民に対し、質問紙調査を実施した。その結果、施設のことが地域住民に知られ、社会システムの可視化が促進されることによって、官民協働刑務所に関する態度が肯定的に変化することが示唆された。
 This study focused on the adoption of the Private Finance Initiative(PFI prison)method in Japan as a new social system. In this research, two surveys were conducted. In Study 1, neighbors’ interviews on their attitudes against PFI prison systems were administered to 5 people living in the vicinity of Kitsuregawa Rehabilitation Program Center which employed the PFI prison method with major emphasis. The Study 2 questionnaire survey was administered to a neighborhood of Kitsuregawa Rehabilitation Program Center in Sakura city. The results showed that the transparency of the correctionalsystems promoted in this area lead to positive changes in neighborhood residents’ attitudestowards the PFI prison.

Number of accesses :  

Other information