Departmental Bulletin Paper SNS利用における青年の対人関係特性 ―TwitterとLINE利用時の行動に注目した検討―

髙橋, 尚也  ,  伊藤, 綾花

(14)  , pp.39 - 50 , 2016-03-31 , 立正大学心理学研究所
 大学生が利用している主要なSNS であるTwitter とLINE を利用する際の行動の構造を分析することと、それらの行動と性格特性やインターネット利用時の意識との関連を分析することを目的として、青年101名に質問紙調査が実施された。その結果、SNS 利用行動として「一般的積極利用」「自己アピール」「敏感即応」「スルースキル」「表現法配慮」の5 因子が抽出された。また、これらの行動尺度に基づき、クラスタ分析を実施した結果、3 類型が抽出された。「ヘビーコミット群」は、依存的関与・没入的関与・非日常的関与が高く、インターネットと現実とのバランスが取れておらず、情緒不安定性が高かった。「関係配慮群」は、Twitter とLINE の両方で、スルースキルと表現法配慮が高かった。「義理登録群」は他のクラスタよりほとんどの行動指標で低い値を示した。これらの知見から、SNS 利用における青年の対人関係特性が議論された。
 The questionnaire survey was performed on 101 adolescents for the purpose of analyzing thebehavioral structure when using Twitter and LINE(chat function of Japanese cell phone)and the relationship between these behaviors and personality traits or awareness in using internet. The utilization behaviors or the usage patterns of SNS had been studied and 5 common factors were extracted from the response: active general use, self-appeal, sensitive readiness(obsessed reaction), through-skill andconcerns on expression. In addition, as a result of cluster analysis based on those utilization behavior scales, three types were extracted. It was found out that the“ heavy net-user group” had higher internet addition, high engagement rate and tended to virtualize the reality implying the imbalanced reality and internet. They showed a high emotional instability. “Relationship consideration group”, in both Twitter and LINE, had higher concerns on expressions and through skills.“ Social obligation registrationgroup” had lower scores on the behavioral indicator than other cluster groups. Based on these findings, interpersonal relationship characteristic of adolescents in SNS use was discussed.

Number of accesses :  

Other information