Departmental Bulletin Paper 南インドの景観考(1) ―農業の変化―
Landscapes in South India (Part 1): A Focus on Agricultural Change

元木, 靖

65 ( 1 )  , pp.33 - 61 , 2015-08-05 , 立正大学経済学会
ISSN:02883457
NCID:AN00069955
Description
インドは,1991 年以降の経済自由化の時代に入ってから大きな変動期を迎えるようになったが,変貌の姿は多様であり,一般化は今日でさえ極めて難しい国の一つである.それ故インド理解には,変貌の諸側面を具体的に熟知することが重要である.本研究は南インドにおける今日のさまざまな実像を,個々の景観レベルで記録し,それらを比較検討して,全体傾向を俯瞰することを目的としている.景観資料は,筆者が現地で撮影した写真を多用する.本稿はその一環として,南インド社会の基底にある農業に着目し,カルナータカ州とタミールナド州において観察した農業景観について紹介する.第1 は,積極的な商品作物栽培の景観―桑園,バナナ,ウコン―と南インド農業展開の基調をなしてきた水田稲作との関連,第2 には水田稲作における労働力利用と機械利用の姿について初歩的な考察をした.
India is a difficult country to generalize due to diverse changes, however several studies reflected the transformations after economic liberalization in the 90s. The main aim is to record the current condition per area and to overview trends of changes. This paper focuses on agricultural landscapes of Karnataka and Tamil Nadu states in South India. First, the landscapes of commercial agriculture which includes mulberry, banana, and turmeric cultivation interspaced with rice farming; and second, the interactions between mechanization on rice growing and labor were described, to lastly discuss problems encountered on sustainable production.
Full-Text

http://repository.ris.ac.jp/dspace/bitstream/11266/5694/1/%5b33-61%5d.pdf

Number of accesses :  

Other information