紀要論文 接客業のアルバイトに関するソーシャルサポート、メンタルヘルスに関する研究

片受, 靖  ,  中䑓, 賢治

内容記述
本研究は、接客業に属するアルバイトに従事する大学生108名を対象として、接客業従業員が受け取るソーシャルサポートと精神的健康との関連を明らかにしたものである。ソーシャルサポートについては、従来の研究で扱われてこなかった「顧客」からのソーシャルサポートを加え、上司、同僚、顧客等から得られたソーシャルサポートが精神的健康に与える影響について検討を加えた。結果は以下の通りであった。 1 上司からのサポートについては精神的健康について有意な差は得られなかった。 2 同僚からのサポートについては抑うつ感については有意な結果が得られず不安について有意な差が得られた。 3 顧客からのソーシャルサポートの高低との比較では、顧客からのソーシャルサポートを多く受けているほど不安は低減し、抑うつ傾向が低い、反対に顧客からのソーシャルサポートをあまり受けていないと不安や抑うつ感が強まることが推測された。
Preceding studies have not investigated the effects of social support from customers on themental health of employee. Relationship between social support and mental health of employeesworking in service industries was investigated, by examining the effects of support from the boss, colleagues, as well as customers on employees’ mental health. Participants were university students working part-time in service industries( N = 108). Results indicated the following.(1) There were no significant differences in the effect of support from the boss on employees’ mental health.( 2) There were no significant differences in the effect of support from colleagues on employees’ depressive feelings, whereas it had a significant effect on their anxiety. (3) High social support from customers decreased employees’ anxiety and depressive feelings, whereas low social support from customers increased anxiety and depressivefeelings. It was concluded that social support from customers was critical for the mentalhealth of employees in service industries.
本文を読む

http://repository.ris.ac.jp/dspace/bitstream/11266/5589/1/bulletin13_p011_katauke.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報