紀要論文 Change of the Perceived Self-Efficacy of EFL Undergraduates in Developing L2 Learning Autonomy

松岡, 弥生子

60pp.111 - 118 , 2018-03-31 , 国際基督教大学 , International Christian University
ISSN:0452-3318
内容記述
 昨今,日本の大学教育において「教える」から「学ぶ」への規範変容が見られる中,英語教育においても「知識を教える」だけでなく,学生自身が「如何によりよく学び,効果的に習得するか」の重要性が中止されている。本研究ノートでは,そうした「学び」における学習者の自律性の育成と変化を,Self-Efficacy(セルフ・エフィカシー:自己効力感)およびLocus of Control(ローカス・オブ・コントロール:自己統制感)の面から考察する。データは,日本語版のセルフ・エフィカシー測定アンケートを37名の大学生に実施した結果を基に収集し,又その中の7 名はTOEIC講座の開始前と終了後の2回,同じアンケートに回答した。それらの結果から,セルフ・エフィカシーの度合いは短い期間でも変化することがあり,一定量の学習の完結によって上昇することが分かった。
 Shift from ‘teaching’ to ‘learning’ in the paradigm of tertiary education in Japan has led to the focus of English education on how effectively learners learn and acquire knowledge and skills at higher educational institutions. This research note aimed to examine development of L2 learning autonomy of Japanese non-English major undergraduates from the perspectives of self-efficacy and locus of control. A Japanese version of self-efficacy questionnaire was conducted to 37 participants, and seven of them answered the same questionnaire before and after attending the TOEIC course in a semester. The results indicated the degree of self efficacy may change even in a short time by completing a certain amount of study.
本文を読む

https://icu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4432&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報