紀要論文 英語学習者の肯定的情意が与える言語接触量への影響 -量的調査から-

田島, 千裕

59pp.189 - 197 , 2017-03-31 , 国際基督教大学 , International Christian University
ISSN:0452-3318
内容記述
本論文は,第二言語接触量と肯定的な情意,および言語習熟度の相関に関する調査結果を報告するものである。調査参加者は,英語学習を主目的として留学に参加した日本人の英語学習者である。研究結果は,コミュニケーションへの積極性や言語スキルの自己評価といった肯定的な情意,及び言語習熟度が,三か月間の留学後に伸長を示したこと,加えて,言語接触量を左右した変数は,言語習熟度ではなく,肯定的な情意であったことを明らかにした。This study presents findings from quantitative analysis on the association of second language contact, positive affect, and language proficiency. The research participants were Japanese learners of English in the study abroad context. Results showed that learners developed positive affects, such as willingness to communicate and self-perceived language skills and language proficiency after three months of studying abroad. Moreover, the amount of language contact was associated with positive affect, but it was not associated with language proficiency.
本文を読む

https://icu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4339&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報