紀要論文 Social Justice, Diversity, and the Needs of Civic Education in Japan

バックリー, 節子

59pp.131 - 137 , 2017-03-31 , 国際基督教大学 , International Christian University
ISSN:0452-3318
内容記述
1990 年代における日本経済のバブル崩壊後,日本人の「中流」意識は薄れ,日本は格差社会に移行した。さらに社会的に差別を受けている少数派の急増により,日本は多文化社会になりつつある。この傾向は公衆道徳を維持するための日本社会の公正及び多様性に関する難関となっている。本研究ではまず,戦後日本の中央集権政府と教育システムに統制された単一文化的アイデンティティーに関する問題の重要性を検証する。次に,公民権を定義,正当化し,社会の公正と多様性に関する公民権をいかに獲得するかについて検証する。最後に,社会の公正及び多様性に対応した公民教育の必要性を確証する。公民教育への社会文化的アプローチにより,国民の視野を広げ,人々を包含することを強調した公民教育を構築しようとする目的において,本研究は有意義であろう。The notion of egalitarian ‘Middle Class’ has faded away after Japan’s burst bubble economy in the 1990s. As a result, Japan became a ‘society of disparity’. Furthermore, a drastic rise in the number of social groups in Japan reveals that Japan is faced with a multicultural society. This trend invokes a critical issue concerning social justice and diversity in Japanese society which reinforces maintenance of social order with moral and culture. This paper first examines the significance of the problem concerning mono-culture identity controlled by the highly centralized government and its education system in postwar Japan. Secondly, it examines the definition of citizenship, its rationales, and ways to access citizenship concerning social justice and diversity. Thirdly, it determines the needs of civic education which is responsive to social justice and diversity. This socio-cultural approach to civic education would help create a civil society stressing openness and inclusion of everyone.
本文を読む

https://icu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4332&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報