紀要論文 Evidence Based Pronunciation Education: A Production Study of L2 English Stop-nasal Sequences by L1 Korean Speakers

李, 勝勲  ,  李, 峻圭  ,  リ, ジェームス

59pp.77 - 85 , 2017-03-31 , 国際基督教大学 , International Christian University
ISSN:0452-3318
内容記述
本稿では,韓国人英語学習者の英語の/tm/・/tn/の産出を検討した実験を報告する。韓国語では,閉鎖音が鼻音の前に現れる場合,単語内と単語間での逆行の鼻音化が見られる。韓国人英語学習者の英語の産出において,母語干渉が最も強く働いているのであれば,/tm/は [nm] に /tn/は [nn] になる同化過程が最も高い頻度で発生すると考えられる。さらに,連子音の有標性が鼻音化に影響するとすれば,/tn/ は/tm/より鼻音化する可能性が高いと予想される。これらの予測を調査するリーディングタスクに加え,本研究では聴解タスクの結果も報告する。実験の全体結果から,母語干渉による鼻音化の頻度は,予想より低いことが分かった。また,閉鎖音が鼻音の前に現れる場合, 鼻音化より,閉鎖音を無開放したまま発音する方法が優先されることが示された。これは韓国語の句レベルの規則が強く働いているからだと思われる。This paper reports findings of a production study that examines the pronunciation of /tm/ and /tn/ sequences by Korean speakers of English. Korean L1 grammar has a post-lexical post-nasal assimilation process where the stop becomes a nasal when it is followed by a nasal. If the transfer of L1 grammar is dominant in the production of L2, post-nasal assimilation of /tm/ to [nm] or /tn/ to [nn] would be found with higher frequency. If markedness of consonant sequences affect the post-nasal assimilation, we predict that the /tn/ sequence should undergo a higher rate of nasal assimilation than the /tm/ sequence. The study also reports findings from the reading task and the listening task. The overall results show that the transfer of post-nasal assimilation is less frequent than originally predicted, but it also shows that unreleasing a stop coda, another post-lexical process, is a preferred strategy when a stop is followed by a nasal.
本文を読む

https://icu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4327&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報