紀要論文 Culture in the Cockpit:The Impact of Cultural Factors on CRM Training for Airline Flight Crews

クックソン, サイモン

58pp.77 - 86 , 2016-03-31 , 国際基督教大学 , International Christian University
ISSN:0452-3318
内容記述
クルー・リソース・マネジメント(CRM)は,航空会社における訓練ツールとして重要なものであり,1990 年代に米国で開発されて以来,運航乗務員の訓練のために世界中で使用されている。CRMは,無意識のうちに欧米文化に偏っているとして,これまで批判を受けて来ている。本論は,CRM開発からの歩み,および基盤となっている文化的前提を記述するものである。本論では,ホール,ホフステード,トロンペナールス,ジンにより提唱された四つの文化的モデルを用いて,それぞれのモデルがCRM訓練に与える含意を調査する。本論は,全ての国際線運航に関わるが,乗員編成が複数の国籍にまたがる運航には特に深く関係するものである。
Crew resource management (CRM) is an important airline training tool that was developed in the United States and has been used to train flight crews worldwide since the 1990s. CRM has been criticised for being implicitly biased towards Western culture. This paper describes the development of CRM and the cultural assumptions on which it is based. The paper considers four cultural models developed by Hall, Hofstede, Trompenaars and Jing, and examines the implications they present for CRM training. This study is relevant to all international flight operations, especially those involving mixed-nationality flight crews.
本文を読む

https://icu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4121&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報