紀要論文 ミャンマーとタイの社会科カリキュラムの比較研究──グローバルカリキュラムにおける「国民」と「市民」の観点より──

小島, 文英

内容記述
 本研究は,ミャンマーとタイの社会科カリキュラムにおける「国民」と「市民」の扱いを主題とする。グローバルカリキュラムの要件とされる「相互依存」「統合」「協同」という「グローバル性」を,市民性と国民性に依拠するのか,あるいは自然法的諸概念として強調されるべきかの問題はいかに調整され得るのか。タイでは内容と方法について基準となるカリキュラムが存在するが,ミャンマーでは具体的に教科書とマニュアルがそれに相当する。そのことが,関係性や相対化というグローバルカリキュラムの要件を充たしにくくする。本事例研究は,市民性の概念には共有する普遍的な価値が含意されることを強調する。「グローバル性」は,知識「内容」と知識「形態」の関連が担保する。普遍的価値を共有する「市民」の育成には,「家族精神」のような自然法的諸概念の適用が,近隣社会にとどまることなく,近隣諸国との関係に関連するものとして描かれてゆく必要があることを論じる。The paper deals with the concepts of nationality and citizenship in a comparative analysis of the social studies curricula in Myanmar and Thailand. It is questionable whether ‘globality’ (defined as aspects of the global curricula, such as inter-dependency, unity, and collaboration) ought to rely on the concepts of citizenship and nationality or the concept of natural law. While the contents and methods are stipulated in the Thai curriculum, teachers in Myanmar must refer to textbooks and manuals. This makes it difficult to deal with the requirements of the global curricula, such as relationships and relativity. Case studies imply that the concept of citizenship includes some common universal values, and that globality should coordinate problems of citizenship, nationality, or natural law. Globality must be guaranteed by the relation between knowledge contents and knowledge forms. A global curriculum requires that the application of the natural law concept “family spirit” be expanded from a local community to a relationship among neighboring countries in order to enhance the citizens who share universal values.
本文を読む

https://icu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3498&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報