Departmental Bulletin Paper アクティブ・ラーニング型授業と日本的コミュニケーション・スタイル

石川, 勝博

近年,大学教育ではアクティブ・ラーニング型授業が増加している。一方,こうした授業に苦手意識をもつ学生がいることが指摘されている。本研究は,その一因としての日本的コミュニケーション・スタイルに着目し,「遠慮・察しコミュニケーション(Ishii, 1984)」とアクティブ・ラーニング型授業への評価との関連性を明らかにすることを目的とした。そこで,初年次教育クラスの大学生を対象とした調査を実施した。その結果,「他者の立場への配慮」と「信頼に基づく対人関係の志向」,そして「婉曲的なメッセージの理解」は授業における学生間のコミュニケーションを促進するとことが明らかになった。「メッセージの自己抑制」は学生間のコミュニケーションを阻害するおそれがある。後者については,学生への指導が必要とされる。「他者の立場への配慮」「信頼に基づく対人関係の志向」は,授業への評価に対して正の相関が認められた。これらは授業評価を高める要因である可能性が示唆された。In recent years, active learning is being received with enthusiasm in Japanese universities. However, some students encounter difficulties with active participation in this style of education. This study focuses on how Japanese communication styles may affect the behavior of students. The purpose of this study is to investigate the relation between enryo-sasshi communication (Ishii, 1984) and the evaluation of an activelearning class for college freshmen education. A questionnaire survey was conducted among college freshmen to address the purpose of this study. The results of the analysis indicate that “the consideration of the situation of others,” “interpersonal relation based on trust” and “understanding of a euphemistic message” correlate positively with inter-student communication. However “the self-restraint of the message”correlates negatively with inter-student communication. This study found that relevant instruction to the students was required. Furthermore, “consideration to the situation of others” and “interpersonal relations based on trust” correlate positively with the class evaluation. It is suggested that these were factors that increased positive class evaluations.

Number of accesses :  

Other information