紀要論文 「語学留学は日本独特の留学形態である」を考察する : 若者を取り巻く状況と今後の変化
Gogaku Ryugaku / Seiki Ryugaku : The Challenges Facing Japanese Students Who Study Abroad

鈴木, 穣

16pp.39 - 62 , 2017-06-26 , 上武大学
NII書誌ID(NCID):AA11830515
内容記述
留学生総数は、世界全体では増加傾向にあるが、日本においては減少している。先行研究によると、留学を困難にしている大きな2つの要因は、「語学力の不足」と「経済的な問題」と捉えられている。さらに、「就職問題」が大学生の行動を統制している。しかし海外を目指す意欲のある若者も存在する。その7割は3カ月未満の短期留学で、目的は「語学力を身につけること」であるという統計がある。この留学形態は「語学留学」と呼ばれる。一方、中国や韓国などからの留学生は「海外の大学や大学院での学位取得を目指すこと」が主流で、これを「正規留学」と呼び、「語学留学」とは区別される。「語学留学」は日本独特のものであるとの指摘があるが、その原因を本稿で考察する。また、日本の若者は、国内の大学で学び国内で働くことが当然と捉えている傾向がある。さらに、留学意欲のある大学生を含めて82%が新卒の有利な条件で国内企業に就職したいと考えているとのアンケート調査結果もある。そのため、休学や春・夏の長期休みを利用する1年以下の短期の留学が好まれる。また、「留学経験がかつてのようにキャリアアップにつながらない」という風潮が生まれて、「留学するより国内にとどまり大手日本企業に就職する方が、生涯所得が多い」と判断する大学生も増えてきたとも言われている。2013年に日本政府は官民協働で「トビタテ!留学JAPAN 」という国家プロジェクトに着手し、日本人留学生を2020年までに倍増させようとしている。若者たちが高い志を持って日本から飛び立ち、海外留学に踏み出す機運を醸成することを真剣に考えている。このプロジェクトは、留学に意欲があっても、「語学力不足」や「経済的問題」のために消極的であった若者に飛躍のチャンスを与える機会になり得るであろう。
All over the world, the number of students studying abroad is currently increasing. Fewer Japanese students, however, are studying in foreign countries than ever before. The two main obstacles are lack of language skills and financial problems. In addition, Japanese university students face pressure to get jobs right after graduation. This is a third obstacle. Some students who have strong motivation to study abroad get over those problems and take action. One statistic shows that 70% of motivated students study abroad for less than three months and this short-term study is called “Gogaku Ryugaku,” which only focuses on learning the language. In China and Korea, however, “most students go overseas to earn undergraduate or graduate degrees” and this is called “Seiki Ryugaku.” “Gogaku Ryugaku” is said to be very unique to Japan and it hardly exists in other countries. This paper explores causes of Gogaku Ryugaku. For example, one of the causes is difficulty of job hunting for university students. According to a survey, 82% hope to find positions in Japanese corporations right after graduating from university because fresh university graduates called “Shinsotsu” have an exceptional advantage in Japan. Also, many Japanese students conclude that it is profitable in terms of lifetime earnings for them to graduate from Japanese universities and immediately get jobs in Japan instead of graduating from overseas schools. Therefore, fewer Japanese go abroad to study. In 2013, the Japanese government started a new project called “Tobitate! Ryugaku JAPAN” with the support of Japanese corporations and non-governmental organizations. The project gives tremendous hope to those who have a strong desire to study abroad but have insufficient language skills and finances. It is encouraging to observe how studying abroad for young Japanese can change with the introduction of “Tobitate! Ryugaku JAPAN.”
本文を読む

https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/11326/1/525-16-039.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報