紀要論文 異種移植用遺伝子改変ブタの開発の動向と展望

東條, 英昭

内容記述
現在,世界的に移植用臓器の不足が深刻化している。その解決策の一つとして,人工臓器や異種移植の開発研究が進められている。異種移植のドナーとしてはブタが注目されている。ブタは,生理学的にヒトに近く,また,従来から食用に利用されているため,倫理的な問題が少ない。しかし,異種移植に利用するためには,移植後に起こる超急性拒絶反応を克服する必要がある。現在,遺伝子改変技術,すなわち遺伝子導入や遺伝子ノックアウトを利用した遺伝子改変ブタの開発研究が進められている。本総説では,遺伝子改変ブタの開発研究の動向と展望について述べる。
本文を読む

https://nvlu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=65&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報