Departmental Bulletin Paper Human rights in japanese literature a guide to incorporating human-rights based literature into humanities and social sciences curricula
日本文学における人権 人文学と社会学の教育課程へ文学を基にした 人権を組み込むためのガイド

TANAKA, Kathryn  ,  タナカ, キャサリン

3pp.079 - 089 , 2017-03-31 , 大手前大学国際教育インスティテュート
ISSN:21893462
NCID:4000000581
Description
本論では、日本の「人権文学」が、人文学あるいは社会科学等の様々な教科の教材として大きな役割を果たす可能性について述べる。人権文学を紹介することによって、「人権」の概念やその中身についての学び、そして、人としての権利を確立するための戦いに文学が果たした役割を明らかにする方法を論述する。また、文学から見えてくる、個人、時に身の危険を伴うような社会的、政治的行動に参加していく動機や信念、その思いについても触れていきたい。更には、文学を教材とする授業が、人権と社会的公正についてどのような教育的効果をもたらすかという主要課題について検討する。
In this essay, I describe the ways in which Japanese human rights literature can be incorporated into diverse courses in the humanities and social sciences. It introduces studies into the concept of human rights and debates about what constitutes them before discussing the role of literature as part of human rights struggles. It also explores the concept of literature as personal and its connections to social and political action, and how lessons centered on literary texts can teach us about human rights and social justice.
Full-Text

https://otemae.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1557&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information