Departmental Bulletin Paper Peace studies and EFL -providing critical outlooks and skills in an increasingly globalized and digitalized world

TANG, Daniel  ,  タン, ダニエル

3pp.073 - 077 , 2017-03-31 , 大手前大学国際教育インスティテュート
ISSN:21893462
NCID:4000000581
Description
本論は、平和学(ピース・スタディーズ)をEFL授業の一環として実施する形態が、英語教育における一つの主要な学びの方法として確立されつつあることについて考察する。平和学のコンテンツは、EFL授業において、政治・社会的、そして効果的で効率的な教育方法に関する見解を提示し、新しい教育的展開を可能にしている。この見解は、日本政府によって提起された大学の国際化を更に後押しするものになるだろう。しかしながら、現在の国際化の流れは、日本だけでなく、今世界中で起きている保守主義の急伸に反する動きと見ることもできる。従って、平和学とEFLの「協同授業」は、日本と国際政治、戦争と平和、そして学びの道具としての「言語」との関係性を模索する類い稀な位置を占めることになるだろう。
This essay describes the way Peace Studies and EFL is emerging as a crucial field of learning. It argues that Peace Studies presents critical political and pedagogical viewpoints effectively and efficiently. This view complements the Japanese government's push to globalize universities; however, this globalization initiative is itself founded against an increasing backdrop of conservatism in Japan and abroad. Thus Peace Studies and EFL has the opportunity to occupy a unique place that explores the connections between Japanese and international politics, war and peace, and the language needed to navigate such an important course.
Full-Text

https://otemae.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1556&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information