Departmental Bulletin Paper The study of ane-katoku

FUJITA, Michiyo  ,  道代, 藤田

3pp.061 - 072 , 2017-03-31 , 大手前大学国際教育インスティテュート
ISSN:21893462
NCID:4000000581
Description
日本の伝統的な相続制は古来より長子相続制であると、一般に認識されてきた。この場合の長子とは、男性長子を指す長男独特相続制である。しかし、この長男単独相続制が国民全ての相続制として機能したのは、明治以降から1898年の明治民法施行を経て、第2次世界大戦後の民法改正までの100年足らずの期間であったことは、あまり認識されてはいないのではなかろうか。明治民法成立前後までは庶民の間では、様々な相続慣行であったとも推測できる。その1つに、最初に生まれた子どもの性別にかかわりなく家督とした慣行があった。その子どもが男子であれば長男相続となる。一方、女子であれば姉様として「姉家督」となったのである。これは東北地方を中心に北関東まで広範囲に行われていた。本論では、姉家督相続の実態と、その姉様の婚姻相手である婿養子について概説する。
The traditional system of succession in Japanese society has long been that of primogeniture, the succession by the firstborm son of a family. Between the time after the Meiji civil code was implemented in 1898 and the period after World War II when the code was revised, this custom was widely institutionalized in Japanese society and internalized among the Japanese at large. However, I argue that until the beginnomg of the Meiji era, ordinary people maintained independently various cultures and customs of succession. My research demonstrates that such alternatives were rational system for ordinary people. "Ane-Katoku"(succession by the eldest sister of a family) is an example of such alternative cultures of succession. This custom was widely practiced from the Tohoku area to the northerm Kanto area. This paper repolts in research into the Ane-Katoku system while also examining the custom of Muko-yoshi, when a husband is adopted into a family.
Full-Text

https://otemae.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1554&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information