紀要論文 The Shuku river tourism geography project

JACKSON, John  ,  ジャクソン, ジョン

3pp.015 - 030 , 2017-03-31 , 大手前大学国際教育インスティテュート
ISSN:21893462
NII書誌ID(NCID):4000000581
内容記述
本論文では、夙川の実地調査を通じて実施された学生のエコツーリズム研究プロジェクトとの共同作業の方法とその研究成果を報告するものである。大手前大学キャンパスに隣接した夙川周辺は、地域の環境保全、更には西宮地区におけるエコツーリズム拠点としての可能性をはらんだ美観地域であり、共同研究のケーススタディに公的なサイトでもある夙川の源流からその河口まで、学生たちは法地政学的、地理的特徴を広範囲にわたって観察した。その結果、自然資源の破壊や劣化を自分自身の目で確かめ、環境破壊に対する解決策と持続可能な観光産業をいかに確立するか、ということについて議論を重ねることができたことは特記すべきであろう。本論では、更に、夙川近郊の歴史的遺産や文化遺産の保全を推進する一方、同時に地域のビジネスや産業を振興するということの意味や問題点についての課題についても論述している。
This paper reports the methodology and results of a collaborative student ecotourism project undertaken through research and fieldwork using the Shuku river and the immediate environs surrounding the university campus as a case study in the preservation and appreciation of local resources and for potential ecotourism enterprises in the Nishinomiya area. From the source of the Shuku river to its mouth, students observed a broad spectrum of geographical and topographical features, witnessed first-hand both the degradation and restoration of natural resources and discussed methods in which to address environmental damage and promote sustainable tourism. Through this project, students were encouraged to explore the means of stimulating local business and enterprise whilst fostering interest in historic heritage and cultural assets in the vicinity of Otemae University.
本文を読む

https://otemae.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1551&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報