Departmental Bulletin Paper 講義中心型の伝統的授業における主体的学びへの転換
Conversion from conventional lectures to participatory lessons

本田, 直也  ,  Naoya, HONDA

Description
大学教育の質的転換が求められている中で、一方通行型の講義から学習者が能動的に参加するようなアクティブ・ラーニングの手法を取り入れた授業へと転換することが求められつつある。スムーズに学びの転換が行われる授業もあれば、カリキュラム構成上、どうしても一方通行型の伝統的な講義も一部必要とされる。本稿では、講義中心型の伝統的授業において、学生の受講態度を刺激し、主体的な学び方へと変容させていくための様々な授業の工夫について報告する。その授業改善の過程で起きていることを報告し、それらの取り組みの課題や、将来に向けての挑戦をまとめる。
The purpose of this paper is to propose the method of class improvement in which students study proactively. Each class at the university is required to be converted from traditional lecture to proactive learning by adopting active learning, but some classes remain in traditional lectures. In this paper, small practical methods for improving lesson on traditional lessons are reported. Finally, future issues are mentioned in the conclusion.
Full-Text

https://otemae.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1502&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

Number of accesses :  

Other information