Departmental Bulletin Paper 学習支援センターにおける支援事例から自主学習支援のあり方を考える
A study about the development of self-regulated learners : case studies from the learning support center at Otemae University

寺田, 未来  ,  池村, 優一  ,  柏原, 康人  ,  福嶋, ゆい  ,  中川, 和亮  ,  中島, 梓  ,  Miki, TERADA  ,  Yuichi, IKEMURA  ,  Yasuto, KASHIHARA  ,  Yui, FUKUSHIMA  ,  Kazuaki, NAKAGAWA  ,  Azusa, NAKAJIMA

Description
本稿では、自主学習支援について、大手前大学学習支援センターのチューター5名による事例報告をもとに、そのあり方を考察していく。学生とチューターによる1対1の相互作用において、どのようなやりとりがあり、学生にどのような変化や成長が生じているのか、自主学習を促すうえで、どのような難しさがいかに生じているかの実態を見出す。これらをふまえ、今後の自主学習支援のあり方についての示唆を与えることを本稿の目的とする。これは、学習支援センターにおける支援・指導法の一層の充実を図るうえで重要な位置づけとなる。
In this paper, we discuss the development of self-regulated learners based on cases reported by tutors. It is the purpose of the Otemae University learning support center to facilitate the self-regulation of a learner. In one-to-one interaction between students and tutors, five tutors reported experiences about what kind of change happened and what kind of growth could be seen. In addition, we examine what kind of difficulties were present, and why the difficulty was caused.
Full-Text

https://otemae.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1495&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

Number of accesses :  

Other information