紀要論文 入学前から一貫した学士課程教育のための導入教育プログラムの実践
A practical study on introductory education for baccalaureate degree program

近藤, 伸彦  ,  高橋, 検一  ,  高村, 麻実  ,  寺田, 未来  ,  西尾, 信大  ,  西田, 和代  ,  吉川, 博行  ,  若山, 佳史  ,  Nobuhiko, KONDO  ,  Kenichi, TAKAHASHI  ,  Asami, TAKAMURA  ,  Miki, TERADA  ,  Nobuhiro, NISHIO  ,  Kazuyo, NISHIDA  ,  Hiroyuki, YOSHIKAWA  ,  Yoshifumi, WAKAYAMA

内容記述
大手前大学では、2000年代中盤からの大学教育改革において、多様な学生に対する教育の質保証のためのさまざまな取り組みのひとつとして、独自の導入教育プログラムを全学的に推進してきた。入学前から一貫した学士課程教育の導入部として、「学生の学び」を主眼とした明確なコンセプトにもとづく導入教育プログラムを志向し、その企画・運営プロセスにおいては多くの部署・教職員が連携してきた。数年にわたる試行錯誤を経て、学生に対する一定の成果が上がりつつあるほか、FD/SDとしての企画・運営という機能が生まれてきている。本稿では本導入教育プログラムに関連する背景や経緯、実施成果、マネジメント体制などについて、現場に携わってきた立場からまとめる。
Otemae University has implemented an introductory education program through the whole university, which is one of quality assurance of education for students with high diversity. The university has aspired to make the program based on a clear concept of "students' learning" as the introductory part of the baccalaureate degree program consistent since pre-admission. Various teachers and staff have cooperated in the process of planning and the operation of the program. Through trial and error for several years, there have been some outcomes about the students, and the process of planning and operation has gradually been a kind of faculty development (FD) or staff development (SD). In this paper, we summarize the background, process, outcomes and management of the program from the position of the practitioner.
本文を読む

https://otemae.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1493&item_no=1&attribute_id=22&file_no=3

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報