紀要論文 大学におけるビッグデータ・アナリティクスと教学IR

近藤, 伸彦  ,  Nobuhiko, KONDO

内容記述
近年のICTの発展により、教育におけるビッグデータは現実的なものとして顕在化し、その活用により教育改善をおこなう試みが大きな注目を集めている。海外ではいち早く教育ビッグデータに対するアナリティクスの研究と実践が行われ、国内においてもその必要性が急速に認識されつつある。本稿では、大学における教育ビッグデータの活用について整理するため、種々のアナリティクスと教学IRに着目して、発展の経緯や、分野間の関係性などについてまとめる。さらに、大手前大学におけるアナリティクスや教学IRの現状と展望について述べる。
In the last decade, big data analytics in education has been an emerging area because of the rapid progress of ICT. The analytics of educational big data has received much attention as a promising approach to improve higher education. This paper focuses on the application of analytics for higher education and IR(Institutional Research), and summarizes the history and importance of these areas. It also introduces the current situation and results of analytics and IR at Otemae University.
本文を読む

https://otemae.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1169&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報